投資には、経済指標や過去の値動きを元に今後の相場を分析する方法があります。

中には、一風変わった相場分析があります。「月齢」いわゆる月の満ち欠けの状態を知るための目安となるものですが、この「月齢」を用いた投資分析というのが存在します。


「月齢」は、新月を「0」として1日に1つずつ数を増やしていきます。月齢の数値を見ることによって、月齢が「7」前後であれば上弦、「15」前後であれば満月、「22」前後であれば下弦、「30」に近い数字であれば次の新月が近い、ということを知ることができます。

満月や新月の日は地球の引力が微妙に変化しやすく、その影響で投資家心理が変化しやすいとされているため、株式市場では月の満ち欠けによるアノマリー(根拠はないが、当たっているかもしれないとされる相場の経験則)が意識されます。

一般的には「新月売りの満月買い」といわれ、「満月」のころに買いを仕掛けて「新月」のころには売ってしまうというものです。

この「月齢」を元にした相場分析のほかに「曜日効果」や「時間帯効果」などもあります。「時間帯効果」で言えば、欧州市場の投資家たちが参入してくる日本時間の夕方くらいから徐々に相場は活発になり、ニューヨーク市場の投資家たちが参入してくる日本時間の夜9時ぐらいからは特に活発になります。

為替取引は特定の取引所等(日本の金融先物取引所は除く。)はありませんが、市場規模で言えばロンドン・ニューヨーク・東京が世界三大市場と呼ばれています。

そのため、ロンドンとニューヨークが重なる日本時間の夜9時ぐらいから深夜1時~2時ぐらいがもっとも活発な時間帯となります。

一方、「曜日効果」についてですが、株やFX取引において、特定の曜日に相場が上昇または下落する動きが強くなるといった話もあります。
いろいろなサイトを見ましたが、曜日との買い・売り傾向がばらばらだったのでここでは割愛しますが、
月曜日と金曜日は取引をするうえで特に注意が必要であろうとは思います。
いずれも土・日曜日と休みを挟むからです。一般投資家の方は投資スタンスにもよるので一概には言えないですが、トレーディングを業としている人たちは週をまたいでポジションを保有することは基本的にはありません。

土・日明けに週末の取引終了時点での価格と大きく乖離して月曜日に市場がオープンすることがあるからです。そのリスクを負いたくないので、週末にはポジションをなくすようにしていくのです。

今後のお取引にお役立ちできれば、うれしいです。

*FXとCFDができる会社のご紹介です。

DMMCFD

GMOクリック証券 新垣結衣がかわいい

IG証券 FXやCFDの種類豊富

東岳証券 FXやCFDで自動売買可能

あい証券

EZインベストメント証券 MT4でFXやCFD取引

*FXのみができる会社です。

YJFX(YahooJapanの子会社)

ヒロセ通商(いろいろな食べ物がもらえる会社)

外為どっとコム

外為ジャパン

マネーパートナーズ 2018年顧客満足度1位 ドル円スプ0.3銭

JFX「MATRIX TRADER」


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: