Symbol Bid Ask Spread
EURUSD 1.18136 1.18137 0.1
  Symbol Bid Ask Spread
GBPUSD 1.30790 1.30794 0.4
  Symbol Bid Ask Spread
USDJPY 106.720 106.723 0.3
  Symbol Bid Ask Spread
AUDJPY 73.045 73.063 1.8
  Symbol Bid Ask Spread
GBPJPY 139.576 139.583 0.7
  Symbol Bid Ask Spread
XAUUSD 1680.61 1685.79 518
  Symbol Bid Ask Spread
XAGUSD 15.349 15.535 18.6

今年初の投稿となります。早いものでもう3か月が経とうとしています。

3か月もブログを更新していなかったのか^_^;

ところで、先日、都内で2019Blogger’s Festivalに参加してきました。さまざまなブロガーの方や、企業側の方の講演もあり、大変参考になりました。そこで今日は、番外編として投資系ブロガーは儲かるのか?について話をしてみたいと思います。

投資系のブログを書き、アフィリエイト等を行っている人は数多くいますが、実際にブログ経由のアフィリエイト収益で生計を立てるほどの方は全体の2~3%いればいい方でしょう。

投資系ブログのタイプ

私も暇なときはいろいろな方の投資ブログを拝見していますが、大きくは3つの分類に分かれています。

1.用語説明タイプ

2.運用実績紹介タイプ

3.業者比較タイプ

 

1.のタイプは、基本的には用語の内容に変化はないので、一度記事を投稿すればあとはSEO等で順位を上げていくような感じになるかと思います。

2.のタイプは、毎日のように運用実績を公開する必要があり、慣れるまでは少し手間がかかります。また、運用成績がマイナス続きの時も公開しないといけないので、気持ち的にも負担が出る場合があります。

3.のタイプは、各社のホームページからスペックやキャンペーン情報等を持ってきて比較するわけですが、検索順位を上げるのは至難の業です。大手比較サイトや比較検証系のブロガーは、SEO対策等で毎月数百~千万円単位で運用しているところもあります。一般的なブロガーでは太刀打ちできません。

企業側とユーザー側で求めるブログ像は違う

簡単に書けばこんな感じです。

 

企業側:会社の認知+取引
ユーザー(ブログを見に来る人)側:儲かるためのノウハウ

 

企業側の方の話を聞いた際は、このようなことを話していました。一方、ユーザー側からしてみれば、投資をするうえでどうやったら儲かるのか、そのノウハウを知りたいわけです。

どちらの側に寄せるかは、ブロガーによってそれぞれでしょうが、基本的にはユーザー側に寄せた内容で良いと思っています。ある程度ブログからのアフィリエイト報酬が増えてくれば、企業側からアフィリエイトで他のブログよりも良い条件・報酬がもらえるプランをアフィリエイト業者経由から提示してもらえるようになります。その時はその企業側に集客できるような記事を掲載していく必要がありますが・・・。

そこまで来るとブロガーとしては「勝ち組」といえるのではないでしょうか。

ユーザー側が求めているのは、先述したとおり「どうやったら儲かるのか?」です。

運用実績タイプのブログを見ていると、何を見てどういったタイミングでスタートし、どのタイミングで損益を確定させるかという運用ルールを公開している方は多々いますので、FX会社のデモ取引口座でいろいろな方の運用ルールを試し検証して、自分に合った運用ルールを見つけていくのが良いかと思います。

 

金融系のライターはあまり多くない!?

少し話は変わりますが、これは先の企業側の方に聞いた話です。

ある業者さんから「記事投稿を毎月10本(2,000文字程度)書いて、そこからSEO・リターゲティング等で顧客を刈り取っていく」というお話をいただいたそうですが、実際に金融系の記事(内容的には1.⇒3.のように比較をするようなブログタイプ)を毎月かけるようなライターはあまり多くいないらしく、結局そのお話はとん挫してしまったそうです。

2.の運用実績公開タイプ以外のブログの場合、記事を毎月10本も書ける人はそれほど多くはいないでしょう。

投資系のライター募集等があれば、そこからの収益等も見込めるときがくるかもしれませんが、やはり難しそうです・・・。

 

最後に私なりの運用ルールをご紹介したいと思います。いろいろなテクニカル分析も試してみましたが、やっぱりシンプルなものが自分には合っているなと思いました。

≪運用ルール≫

1.チャートは日足・60分足・5分足で、短期・中長期の大まかな相場の流れを見る。

2.使うテクニカルツールは、水平線とトレンドラインのみ。

3.1日の運用目安は1万円の利益か3,000円の損失確定。(FX:1万通貨で計算)
そこに達したら、その日はお休み。

知り合いの方から、「いかに儲けるかよりも、いかに損しないかが大切。そうすると、次第に利益は出る」といわれました。

ブロガーとしても投資家としてもまだまだですが、これから頑張っていきたいと思います。

余談ですが、週刊ダイヤモンド第107号で、「株・為替の新格言」というのが掲載されていたので、最後にご紹介して終わりたいと思います。

1.短期の大幅な振れは無視せよ

2.押し目も落ち目も勝ち目なし

3.時代はセル・イン・エイプリル

4.選挙結果への市場の思惑に要注意

5.リスクオフでも円買うな

6.個人投資家は中小型株と中長期投資に徹すべし

7.富裕層は非上場株に勝機あり

 

 

 

 


0 Comments

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

%d bloggers like this: